カヤネズミの巣が発見されました

今日、当館にて開催された「筑後川どうぶつ探偵団」(主催:筑後川まるごと博物館)の皆さんが、カヤネズミの巣を発見しました。高良川の水辺にあったそうです。講師の津田先生(動物カメラマン)によると、作ったものの、使われてはいない巣だそうです。草の繊維を上手にたばねてます。手のひら大の大きさで、出入りする穴もあります。カヤネズミは日本で一番ちいさなネズミだと言われています。