くるめウスのライブラリ(蔵書のご案内)筑後川・上中下流の昔なつかしい写真集3部作があります。

 1.「筑後川・河童の想い出」
  なつかしい中流域写真集

○大正〜昭和時代の川、橋、舟、いかだ、渡し、水害、農漁業、生活などの筑後川中流域のなつかしい風景。
筑後川中流(夜明ダム下から城島の六五郎橋付近までの、今やもう見られない風景を多数収録。

○2006年7月〜9月に一般の方々より応募のあった写真数千点から385点を厳選しました。忘れ去られようとしている筑後川の原風景、人々と川との関わりの風景など、見る人に当時の人々の川への思いが伝わってきます。
○旧朝倉、浮羽、御井、三潴、三養基、神埼の各郡、および旧久留米市、甘木、小郡、鳥栖、の各市を収録しています。
★筑後川防災施設くるめウスに直接来館の場合は、1部1,600円(印刷代実費)にて販売いたします。送付希望の場合は送料込みで2,000円です。上流編(日田周辺)写真集も同価格で販売いたします。残部寡少となっております。
●発行日:平成19年4月
●企画編集:NPO法人筑後川流域連携倶楽部ほか

中流なつかしい写真集


2.「水郷日田〜川の記憶」
  筑後川上流日田の川・原風景写真集

○日田市を中心に、いかだ、子どもたちの川遊び、大水害など約400枚の写真が語る川の原風景は見逃せません。
★筑後川防災施設くるめウスに直接来館の場合は、1部1,600円(印刷代実費)にて販売いたします。送付希望の場合は送料込みで2,000円です。残部寡少となっております。
●発行日:平成18年3月
●企画編集:NPO法人ひた水環境ネットワークセンターほか

上流なつかしい写真集

3.「筑紫次郎物語」
  筑後川下流の懐かしい風景写真集

○下流域の貴重な生活風景、昭和28年大水害の災害の様子、昇開橋や大川橋、諸富橋、おおいににぎわった若津港の船舶の様子等さまざまな写真資料を物語風に編集しました。親から子へ、孫へと語り継がれ母なる筑後川の自然の偉大さと脅威、人々へ恵みを再認識させてくれます。
★残念ながら売り切れました。館内で蔵書の閲覧は可能です。
●発行日:平成18年3月
●企画編集:NPO法人大川未来塾ほか

下流なつかしい写真集


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック