水そうに「つくし」?

かと思ったら、砂にもぐったスッポンが顔をだして外をのぞいていました。 スッポンの首は自分の体と同じくらいのびます。